2008年08月14日

ライトルアー船に挑戦!

ホニアラです。

手持ちのシーバスロッドでサバやワカシを狙うことのできるライトルアー船に乗ってきました。
利用させてもらったのは、ライトルアーのパイオニア平塚の浅八丸さんです。

早めに着いて、いいところを確保しようと思ったけど、
朝6時前だというのに、すでに高速が渋滞・・・・
結局、到着が出船1時間前の7時となってしまった。
F10DSCF4024.jpg

おかげで確保できたのは右舷のトモから3番目、4番目。
2人分の料金7000円と氷代を支払い、さっさと準備を整え船に乗り込みます!
F10DSCF4032.jpg
 船は、新港のほうみたいで、
 そこまでは軽トラの荷台に乗って移動

予定通り、8時出船。
今日は、人数が多いみたいで2隻で出船。
どちらの船も、ほぼ満席の30人くらいが乗り込んでいた。
隣との間隔は1mちょっと、こりゃオマツリは覚悟しないといけないと思ったよ。
F10DSCF4039.jpg
 先に出航したもう1隻

ライトルアー船はタックルに縛りがないので、
バリバリのジギングロッド、シイラロッドとかを持ち込んでいる人や
うちらみたいにシーバスやバスのロッドの人、人それぞれでした。
F10DSCF4042.jpg

港を出港し、江ノ島の西沖に向かって船を走らせる。
そこまで向かうまで、南西の風の風上になる右舷側は、波しぶきでずぶ濡れ。
一応、大トモに避難していたけど、それでもビチョビチョになってしまった。
おかげで、カメラを出せなくなったので、釣りの写真が撮るれなくなった(哀)

江ノ島が近くなるにつれて、周りは鳥だらけ、あちらこちらに鳥山が!
F10DSCF4049.jpg
 

スピードが緩み。船長から「はいどうぞ、トップでもいいよ」の声が!
さて記念すべき第1投!
20mくらいキャストし着水後、すぐにヒット。
1投目から、早速サバをゲット。
モアナも、チョロっとキャストしただけだったけど、いきなりのヒット。
ほぼ1キャスト1ヒットの爆釣モード。
船上はお祭り騒ぎ。
初心者も多く、魚をコントロールできずに、オマツリも大発生。
それを解くのに、若い中乗りさんは、てんやわんやでした。

どんなジグでもよくて、ちょこっとアクションを加えれば、簡単にヒットさせられる状態。
ただし、フックはバーブレス、それなりのバラシもあったね。

しばらくして、反応が無くなると、次の鳥山目指して進む。
これからは、その繰り返し。

移動直後は、飽きるくらいの爆釣。
ただし、サバばかり・・・・
モアナも、順調に釣果を伸ばしていた。
途中、ドラグが鳴きまくる大物をヒットさせたけど、
オマツリさせて、あえなくバラシ。
サバのタナより深めでヒットさせたみたいなのでイナダかメジだったのかなぁ??

オレは、あまりにも釣れすぎてつまらなくなってきたので、
持ってきたレンジバイブや湾ベイトで遊ぶことにした。
魚影が濃いので、何を投げても釣れちゃうんだよね。
途中、モアナがライントラブルを起こし、その度に、その対応でしばらくお休み。
まぁ、いい休憩(笑)

シイラが現れるのを楽しみに待っていたんだけど、あまり現れず食わすチャンスが少なかったのが残念だったね。
1回だけ、ルアーを追いかけてきて、あと少しってところで、プイってされちゃた。
結局、船中でも3本くらいしか上がらなかったみたいだった。サイズは、ペンペンサイズ。

時間が経つのを忘れるくらいの大爆釣が続き、あっという間に3時間が経ち、予定通りに沖上がりになりました。
初のオフショア、オレも、モアナも大爆釣で、大満足!!

釣ったサカナの半分以上をクーラーボックスに入れたけど、
その場では、いったい何匹釣ったのか全く分からない。
下船するときに、クーラーボックスが重くて持ち上がらないくらいだった。
F10DSCF4059.jpg
 いったい何匹だ???
 ようやくクーラーボックスが
 役立ちました(笑)

船から上がり、浅八丸さんオリジナルの特別サービス。
釣ったサカナを3枚おろしにしてくれるんです。
船宿のおばちゃん達が手際よく捌いてくれます。
クッキングショーみたいで、見ていて楽しめます。
F10DSCF4063.jpg F10DSCF4064.jpg

うちらが釣り上げた分は、40匹以上はいたみたいです。
ということは、リリース分を含めると二人で60匹以上は釣り上げたことになる。
ヒットは、それ以上!!
めちゃめちゃ楽しめたけど、これから毎食、サバ料理を食べることになりそうだ・・・・
釣りすぎるのも困ったもんだね。

おばちゃんたちは、40匹近くの魚の処理も、10分もかからず終了。
はやっ!!!
捌いたフィレをビニール袋に包み大量の氷と共にクーラーボックスへ。
F10DSCF4066.jpg

たった3時間だったけど、めちゃめちゃ楽しかった。
ぜひ、また乗ってみたいね。
次は、サバ以外のサカナを釣り上げた〜い!!!


で、ライトルアー船で気づいたこと

・ロッドは、6.6ftでも長い!
 ボートシーバス用のロッドを使用したが、
 6.6ftでも長すぎてアンダーキャストしずらかった。
 ミヨシなら問題なかった??

・やっぱりグリップエンドの長いジギングロッドのほうが楽。
 シーバスロッドで、ジャークを繰り返すのはつらい・・・
 グリップを脇に挟めたほうが、疲れないね。

・ロッドは2本あると便利かな?!
 いちいちルアーを交換している時間がもったいない。
 混んでいるとロッドをキープする場所が船首のほうにしかなかったので、
 トモ付近だと、取りに行きにくいので、単なる予備としてしか使えない。

・少し重め(40g以上)のジグのほうがベターかも!
 素早く指示されたタナに落とせるし、キャスティングでもぶっ飛ばせる。
 ただし、隣が軽いジグを使っているときにはオマツリに注意だね。

・指示ダナが分かるように、色つきラインがいい
 今日は、反応がいいときは、どのレンジでも食ってきたけど、
 反応が悪くなるにつれて、ちゃんと指示タナまで落としたほうがバイトが多かった。
 モアナ用のリールは10m毎にマーキングされているPEラインに巻き替えた。
 オレは、いまのシーバス用PEに10m毎にマッキーで印をつけて対応した。

・ジグは数種類だけでも問題なし!?(それは、今日だけか?!)
 モアナは、一度も交換しないで、最初から最後まで
 ダイワのスピードジグ(赤金40g)しか使っていない。
 それでも、数を伸ばせた。
 途中、ライントラブルの間は、オレのロッドでやっていたが・・・
 オレは、頻繁に変えてみたが、どれも好反応だった。
 その中でも、一番の好反応は、黒系のナチュラルカラーと赤金系だった。

・メインフックはシングルに、もしくはアシストのみがいい!
 今回は、メイン(トレブル)+アシスト(シングル)仕様だったけど、
 ほとんどメインフックのトレブルにヒットしていた。
 その上、2本以上のフックにフッキングしていることが多く
 フックを外すのに異常に手間取ってしまった。
 爆っているときは、アシストのみのほうが手返しがいい。
 逆に、渋めのときは、メイン(トレブル)をつけておくのがいいのかな?!

・シイラは運!
 基本的にサバ狙いなので、シイラと出会えるかは運次第。

・サカナを掴むためのタオルは必須!
 ヌルヌルしたサバは、素手やグローブでは、掴みにくい。
 でも、タオルを使えば、しっかりホールドできる。

・暑くてもグローブはしておいたほうがいい
 サバのヒレの骨とかはするどく、ある意味凶器。
 暑いので、最初のうちグローブをしていなかったため、
 サカナを掴むときに、暴れられて何箇所も切り傷を負ってしまった。

・タックルバックは、しっかり防水されたもののほうがいい!
 ちゃんと防水されたものでなかったので、バックの中が水浸し。
 カメラとかは濡れないようにしていたので水をかぶることはなかったけど。
 
・血抜きはいらない
 取り込んだサカナは、船長さんのアドバイスは、
 血抜きをするより、超冷水で速攻で氷絞めしろだった。
 血抜きしなくて大丈夫か?って思ったけど、
 おろしてくれた身は臭みもなく問題なし。
 血抜きをする手間もなくて、楽チンです。
 クーラーボックスに大量の氷でキンキン冷えた海水を作ろう!
 氷は、自宅で作るより船宿さんで用意している氷のほうが
 融けにくいよううな気がする。
 船宿さんからは、クーラーの容積の半分くらいは、氷をいれたほうがいいだって。

・初心者も多く、オマツリは必至、いちいちイライラしないこと!
 まっ、これは仕方ないよね。

 これらを教訓として、次回に備えたいです。
posted by モアナ at 22:04| ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

久々に横浜へ!

ホニアラです。

最近、管理釣り場ばかりで、海に行ってない。
最後に行ったのは、5月半ば!
ということは、2ヵ月半も行ってない・・・・

そろそろ海に行こうってことで、いつもの横浜に行ってきた。
まぁ、シーバスの状況は回復していないみたいなので、シーバスは期待せず、
アジ狙いで行ってきた。

いつもどおりの到着。
やっぱり海は、気持ちがいいねぇ!

アジ狙いだけど、せっかく来たので、サビキの準備を終えた後、少しだけシーバスをやらせてもらった。

先っぽ付近には、2名。
よく見かけるオジサンがいたので、状況を聞いてみると、芳しくないみたい。
まぁ、そんなことは予想していたので気にもせず、第1投。
久々のフルキャストは、めちゃ気持ちがいい!
トラウトロッドで軽量スプーンをキャストするのとは大違い。

で、レンジバイブを表層早巻き。

が、な〜んもなし。

続いて、ちょっと沈めて、早巻き!
すると、ガツンってきた。
40cmくらいのレギュラーサイズだったけど、元気がいい。

忘れかけていたシーバスとのファイトを堪能し、さて取り込みだというところで、あえなくバラシ・・・・
あまりにも久々だったので、自分がバラシ病を病んでいたのを忘れていたよ。
もう少し慎重にならないと!

バラシたとはいえ、今日はシーバスのお顔を拝見できるとは思っていなかったので、十分満足。

気分もよく続けてキャスト。
なんと2連荘でヒット!
今度は、さっきより強烈な引き。
慎重にファイトして、引き寄せると、
しっかりとフッキングしているのが見えたので、少し安心しながら取り込み。
久々のシーバスは、なんと62cmのスズキ君でした。
F10DSCF3903.JPG
 レンジバイブ(JP)


サビキをやっているモアナのほうを見ると、竿がものすごく絞り込まれている。
なんか釣れたのかな?!って、急いで駆けつけてみると、
やってくれました、お得意のボラちゃん。
それも60cm以上もありそうな大物。
さすがボラ釣師モアナ!

ボラ騒動を片付け、まだ7時前なので、もう少しシーバスをやらしてもらう。

同じ攻めかたしても反応がないでの、カラーチェンジ。
その直後に、ヒット!
今度も、60cmのスズキ君。
F10DSCF3905.JPG
 レンジバイブ(赤金)

2ヶ月半ぶりなのに、短時間で2匹もゲットできたなんて、めちゃめちゃ嬉しかった。
7時を過ぎると、混んできたので、このあと数投して終了。
めちゃめちゃ満足できたよ。
これで、あとはアジが釣れれば大満足なんだけど、そのアジは・・・・

海面を見たとき、潮がかなり濁っていたのが気がかりだったんだけど、
その予感が的中したのか、アジというか、イワシ・サッパもたまにしか釣れない。
大きく竿が絞り込まれることがあるんだけど、それは、あいつの仕業・・・・
そう、ボラちゃん。
午前中は、イワシ・サッパ少々、ボラ3匹。

午後も、午前中と同じ・・・・
ただひたすら、アジが来るのを待つだけ。
あまりにも暇なので、片付けたシーバスタックルをセッティングして、ワームプレイで遊ぶことに。
ガツガツとバイトが出るけど、ぜんぜん乗らない・・・
すぐに見切られちゃうので、こまめにカラーチェンジ。
何度かフッキングさせたけど、それも途中でバラシ・・・・
結局、取り込みはゼロ。
釣れなかったけど、暇つぶし以上に楽しめたよ。

こんな遊びをやっている間も、アジは来ない。
夕方まで待てば釣れそうな気がするけど、
今日は、そんな気力はないので、早めに終了。

今日は、イワシ・サッパ:10数匹。ボラ:3。
朝いちのシーバスは、3ヒット、2ゲット、1バラシ。
ワームプレイでは、バイト多数:4ヒット、4バラシ。

シーバス以外の釣果は、イマイチだったけど、
やっぱり、海はいいねぇ!!
posted by モアナ at 21:20| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。