2008年08月14日

ライトルアー船に挑戦!

ホニアラです。

手持ちのシーバスロッドでサバやワカシを狙うことのできるライトルアー船に乗ってきました。
利用させてもらったのは、ライトルアーのパイオニア平塚の浅八丸さんです。

早めに着いて、いいところを確保しようと思ったけど、
朝6時前だというのに、すでに高速が渋滞・・・・
結局、到着が出船1時間前の7時となってしまった。
F10DSCF4024.jpg

おかげで確保できたのは右舷のトモから3番目、4番目。
2人分の料金7000円と氷代を支払い、さっさと準備を整え船に乗り込みます!
F10DSCF4032.jpg
 船は、新港のほうみたいで、
 そこまでは軽トラの荷台に乗って移動

予定通り、8時出船。
今日は、人数が多いみたいで2隻で出船。
どちらの船も、ほぼ満席の30人くらいが乗り込んでいた。
隣との間隔は1mちょっと、こりゃオマツリは覚悟しないといけないと思ったよ。
F10DSCF4039.jpg
 先に出航したもう1隻

ライトルアー船はタックルに縛りがないので、
バリバリのジギングロッド、シイラロッドとかを持ち込んでいる人や
うちらみたいにシーバスやバスのロッドの人、人それぞれでした。
F10DSCF4042.jpg

港を出港し、江ノ島の西沖に向かって船を走らせる。
そこまで向かうまで、南西の風の風上になる右舷側は、波しぶきでずぶ濡れ。
一応、大トモに避難していたけど、それでもビチョビチョになってしまった。
おかげで、カメラを出せなくなったので、釣りの写真が撮るれなくなった(哀)

江ノ島が近くなるにつれて、周りは鳥だらけ、あちらこちらに鳥山が!
F10DSCF4049.jpg
 

スピードが緩み。船長から「はいどうぞ、トップでもいいよ」の声が!
さて記念すべき第1投!
20mくらいキャストし着水後、すぐにヒット。
1投目から、早速サバをゲット。
モアナも、チョロっとキャストしただけだったけど、いきなりのヒット。
ほぼ1キャスト1ヒットの爆釣モード。
船上はお祭り騒ぎ。
初心者も多く、魚をコントロールできずに、オマツリも大発生。
それを解くのに、若い中乗りさんは、てんやわんやでした。

どんなジグでもよくて、ちょこっとアクションを加えれば、簡単にヒットさせられる状態。
ただし、フックはバーブレス、それなりのバラシもあったね。

しばらくして、反応が無くなると、次の鳥山目指して進む。
これからは、その繰り返し。

移動直後は、飽きるくらいの爆釣。
ただし、サバばかり・・・・
モアナも、順調に釣果を伸ばしていた。
途中、ドラグが鳴きまくる大物をヒットさせたけど、
オマツリさせて、あえなくバラシ。
サバのタナより深めでヒットさせたみたいなのでイナダかメジだったのかなぁ??

オレは、あまりにも釣れすぎてつまらなくなってきたので、
持ってきたレンジバイブや湾ベイトで遊ぶことにした。
魚影が濃いので、何を投げても釣れちゃうんだよね。
途中、モアナがライントラブルを起こし、その度に、その対応でしばらくお休み。
まぁ、いい休憩(笑)

シイラが現れるのを楽しみに待っていたんだけど、あまり現れず食わすチャンスが少なかったのが残念だったね。
1回だけ、ルアーを追いかけてきて、あと少しってところで、プイってされちゃた。
結局、船中でも3本くらいしか上がらなかったみたいだった。サイズは、ペンペンサイズ。

時間が経つのを忘れるくらいの大爆釣が続き、あっという間に3時間が経ち、予定通りに沖上がりになりました。
初のオフショア、オレも、モアナも大爆釣で、大満足!!

釣ったサカナの半分以上をクーラーボックスに入れたけど、
その場では、いったい何匹釣ったのか全く分からない。
下船するときに、クーラーボックスが重くて持ち上がらないくらいだった。
F10DSCF4059.jpg
 いったい何匹だ???
 ようやくクーラーボックスが
 役立ちました(笑)

船から上がり、浅八丸さんオリジナルの特別サービス。
釣ったサカナを3枚おろしにしてくれるんです。
船宿のおばちゃん達が手際よく捌いてくれます。
クッキングショーみたいで、見ていて楽しめます。
F10DSCF4063.jpg F10DSCF4064.jpg

うちらが釣り上げた分は、40匹以上はいたみたいです。
ということは、リリース分を含めると二人で60匹以上は釣り上げたことになる。
ヒットは、それ以上!!
めちゃめちゃ楽しめたけど、これから毎食、サバ料理を食べることになりそうだ・・・・
釣りすぎるのも困ったもんだね。

おばちゃんたちは、40匹近くの魚の処理も、10分もかからず終了。
はやっ!!!
捌いたフィレをビニール袋に包み大量の氷と共にクーラーボックスへ。
F10DSCF4066.jpg

たった3時間だったけど、めちゃめちゃ楽しかった。
ぜひ、また乗ってみたいね。
次は、サバ以外のサカナを釣り上げた〜い!!!


で、ライトルアー船で気づいたこと

・ロッドは、6.6ftでも長い!
 ボートシーバス用のロッドを使用したが、
 6.6ftでも長すぎてアンダーキャストしずらかった。
 ミヨシなら問題なかった??

・やっぱりグリップエンドの長いジギングロッドのほうが楽。
 シーバスロッドで、ジャークを繰り返すのはつらい・・・
 グリップを脇に挟めたほうが、疲れないね。

・ロッドは2本あると便利かな?!
 いちいちルアーを交換している時間がもったいない。
 混んでいるとロッドをキープする場所が船首のほうにしかなかったので、
 トモ付近だと、取りに行きにくいので、単なる予備としてしか使えない。

・少し重め(40g以上)のジグのほうがベターかも!
 素早く指示されたタナに落とせるし、キャスティングでもぶっ飛ばせる。
 ただし、隣が軽いジグを使っているときにはオマツリに注意だね。

・指示ダナが分かるように、色つきラインがいい
 今日は、反応がいいときは、どのレンジでも食ってきたけど、
 反応が悪くなるにつれて、ちゃんと指示タナまで落としたほうがバイトが多かった。
 モアナ用のリールは10m毎にマーキングされているPEラインに巻き替えた。
 オレは、いまのシーバス用PEに10m毎にマッキーで印をつけて対応した。

・ジグは数種類だけでも問題なし!?(それは、今日だけか?!)
 モアナは、一度も交換しないで、最初から最後まで
 ダイワのスピードジグ(赤金40g)しか使っていない。
 それでも、数を伸ばせた。
 途中、ライントラブルの間は、オレのロッドでやっていたが・・・
 オレは、頻繁に変えてみたが、どれも好反応だった。
 その中でも、一番の好反応は、黒系のナチュラルカラーと赤金系だった。

・メインフックはシングルに、もしくはアシストのみがいい!
 今回は、メイン(トレブル)+アシスト(シングル)仕様だったけど、
 ほとんどメインフックのトレブルにヒットしていた。
 その上、2本以上のフックにフッキングしていることが多く
 フックを外すのに異常に手間取ってしまった。
 爆っているときは、アシストのみのほうが手返しがいい。
 逆に、渋めのときは、メイン(トレブル)をつけておくのがいいのかな?!

・シイラは運!
 基本的にサバ狙いなので、シイラと出会えるかは運次第。

・サカナを掴むためのタオルは必須!
 ヌルヌルしたサバは、素手やグローブでは、掴みにくい。
 でも、タオルを使えば、しっかりホールドできる。

・暑くてもグローブはしておいたほうがいい
 サバのヒレの骨とかはするどく、ある意味凶器。
 暑いので、最初のうちグローブをしていなかったため、
 サカナを掴むときに、暴れられて何箇所も切り傷を負ってしまった。

・タックルバックは、しっかり防水されたもののほうがいい!
 ちゃんと防水されたものでなかったので、バックの中が水浸し。
 カメラとかは濡れないようにしていたので水をかぶることはなかったけど。
 
・血抜きはいらない
 取り込んだサカナは、船長さんのアドバイスは、
 血抜きをするより、超冷水で速攻で氷絞めしろだった。
 血抜きしなくて大丈夫か?って思ったけど、
 おろしてくれた身は臭みもなく問題なし。
 血抜きをする手間もなくて、楽チンです。
 クーラーボックスに大量の氷でキンキン冷えた海水を作ろう!
 氷は、自宅で作るより船宿さんで用意している氷のほうが
 融けにくいよううな気がする。
 船宿さんからは、クーラーの容積の半分くらいは、氷をいれたほうがいいだって。

・初心者も多く、オマツリは必至、いちいちイライラしないこと!
 まっ、これは仕方ないよね。

 これらを教訓として、次回に備えたいです。
posted by モアナ at 22:04| ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして〜。
鬼嫁がリンク貼ってるので覗き見してましたw
平塚までお越しだったんですね!
これなら・・・おいらが船(レンタルボート)出す時誘ってみてもいいですかね?w
おいらは最近タイジグにハマってまして、前回はイナダをゲットしてます。
とはいえ、ライトタックルやる方には物足りないのがタイジグですが・・・
エボシ沖にアンカー降ろしちゃえば、ジギングだろうがエサ釣りだろうが好きな釣り出来るからイイですよ〜。
おいらは基本的にエサ専門なんでよかったらルアー教えてください^^
Posted by 謎謎 at 2008年08月18日 01:51
超詳細報告ありがとうございます!!
楽しく読ませていただきました。
特に「気付いたこと」はこれから行く人には本当にありがたい情報です。参考にさせていただきます。

しっかしものすごい鳥山ですねー。
こんなの見たら興奮して手が震えちゃいそうです!
シイラは残念でした。でもあんまりおいしくないみたいなのでお土産的には問題なしですかね。

あんなにたくさん乗っているとお祭りは避けられそうにありませんね。あまり混み合わない平日がよさそうですね。

おばさんたちの3枚おろしサービスは最高ですね。帰ってから大量の魚捌くこと考えちゃうとちょっとブルーですからねー。

何しろ楽しそうでうらやましい限りです!私も近々挑戦してきます!
Posted by アカメ at 2008年08月18日 18:43
★ 謎謎さんへ ★

こちらこそ、はじめまして!

ルアーは、魚を追いかけたほうが、格段に釣果が上がります。
なので、アンカーを打ってしまうと、なかなか難しいものがあるかもしれませんよ。

ソルトでのルアーですが、まずは乗り合い船がいいんじゃないですかねぇ???
自分でボートを出すより、自由度はありませんが、
うまい人もたくさんいるので、その人の釣り方を見るだけで勉強になります。
ルアーがどんなものなのかを経験するにはもってこいだと思います。

浅八丸さんは、3時間だけですけど、3500円なのでボートを出すより安くすむんじゃないでしょうか?



★ アカメさんへ ★

シイラは、お土産というよりも、ファイトを楽しんでみたかったんです。
シーバスのエラ荒いとは違う、シイラ特有のジャンプを体験してみたかった・・・

サバばかりだと、飽きてきてダラけてしまいます。
アクセント程度にワカシやソーダが釣れるといいんですが、
うちらは、それがありませんでした。

持ち帰ったサバですが、すべてがゴマサバでした。
臭みもなく、普通に食べられるんですが、あまりアブラがのってなくてパサパサ。
期待したほどではなかったのは残念でした。
やっぱりマサバのほうが美味しいのかな?!
食べまくっていますが、なかなか減りません・・・

フックを外すときにサカナを傷つけてしまって、
リリースできなくしちゃったので、お持ち帰りしたんですが、
あまり数多く持ち帰るものじゃないですね。
反省しました。
次回は、フックを交換してリリースしやすいようにしたいと思います。

それと、
行くならば、やっぱり平日の午前船がオススメです。
平日の午前船は空いているのもありますが、
(夏休み中は、そうとも言えませんが・・)
休日の午後船になると、行きも帰りも確実に渋滞にハマると思います。
この時期の平塚市内の渋滞は、けっこうひどいのでツライですよ〜!
Posted by ホニアラ at 2008年08月20日 22:16
脂が乗っていない青物ってイマイチなのでちょっとショックですねー。青物系はでかければでかいだけ脂が乗りますので、40オーバーのみお持ち帰りみたいにすればいいのかもしれませんね。
ちなみに私が行ったタチウオ船での大サバはものすごい脂の乗りでした。どうやら木更津沖で釣っているみたいなんですが。
ワカシもちっこいと、ものすごいパサパサなので、イナダクラスを持ち帰りたいものですね。横浜の南まで来ているようなのであとちょっとで私たちのホームで釣れそうです。そのときにはイナダサイズまで成長していると思います!楽しみですね。
Posted by アカメ at 2008年08月21日 22:51
★ アカメさんへ ★

クーラーがでかいので、バンバン入れてしまったのが失敗でした。
これからが美味しく食べれる時期だと思うので、次回に期待したたいと思います。

去年のイナダは、9月の半ばでしたね。
今年もゲットできるようガンバリましょう!


Posted by ホニアラ at 2008年08月23日 22:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104855231

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。