2007年09月21日

釣った魚で料理(イナダ)

8日(土)に釣った魚(イナダ)でいろいろな料理を作ったので、簡単にまとめました。

DSC_8942.jpg DSC_8945.jpg
40センチ位のものが2匹釣れました。
イナダ(ブリの幼魚)は、こんな顔してますよ!
スーパーでは、半身で800円位で売ってました・・・

魚は普通に3枚おろしにしましたが、お刺身などにするための
皮を引く(剥ぐ)のが初めてだったので慎重に・・・。
下ろすのは通常ホニアラの担当だけど、皮を引くのは面白そうなので
私もチャレンジ!

DSC_8970.jpg 
 (頭の方の)皮と身の間に包丁を入れて
 左手で皮の端を持って引っ張りながら、
 包丁は若干寝かせ気味で
 右側に動かしていく感じで。


DSC_8977.jpg
 これ、一度上手く出来ると
 ハマります!!!

 プロのように上手くは出来ないけど
 思ったより楽に出来ました。


DSCF2423.jpg DSC_9005.jpg
まずはお刺身。
小さめの魚だったのに
結構いい脂がのってて美味しかった!



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

次は《なめろう》

DSC_8986.jpg 使う材料はこれだけ
 
 大葉
 長ネギ(刻んだもの)
 味噌
 生姜(生はなかったのでチューブで)


DSC_8987.jpg
 好みに合わせて適量を混ぜ
 包丁でたたくだけ。


DSC_8995.jpg  たたく度合いによって
 食感も変わってきます。
 
 粗くしたもの(左)、
 ネバネバするまでたたいたもの(右)
 なめろうは、ホニアラのお気に入り!



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


次はブリ大根(イナダ大根?)

DSCF2505.jpg 
これも簡単!
@先に大根を竹串がささる程度に煮る。
A大根を煮ていた湯に魚を入れ、表面が白くなるまで煮て取り出す。
B「めんつゆ」に生姜、ネギと@Aを入れて20分位煮る。
 時間がない時には「めんつゆ」が便利。
 


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

《さんが焼き》

(上で作った《なめろう》を大葉に乗せて焼いたもの)

DSCF2501.jpg
 フライパンで、軽く焦げ目が
 つくくらいまで両面を焼くだけ。

 私のお気に入り!




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

照り焼き

DSCF2498.jpg
@しょう油:酒:みりん(2.5:2:1)くらいの割合でタレを作り、
半分の量を魚にかけて30分くらい置きます。
Aフライパンで両面焼き、最後にタレの残りをからめれば出来上がり!



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



結局2匹でこれだけもの料理が出来ました。
DSCF2508.jpg DSCF2426.jpg

2匹を2日間(夕食2回)で完食してしまったのですが、
これって一気に食べすぎ???
でも大食い(でもないけど)の私たちには丁度良い量で
イナダを堪能しました。

また釣って!!! 今度はワラサかブリでもいいから^^;
(出世魚で、イナダ→ワラサ→ブリ)
posted by モアナ at 22:55| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おいしそうですね。
わたしもなめろう大好きです!
焼いたのはやったことないけど、これならわたしでも出来そうなので、作ってみたいと思います!!
Posted by ミキ at 2007年09月23日 17:42
----------------------------------------------------------
★ミキさんへ★

私、実は「なめろう」初めて食べたんです^^;
こんなに美味しいものを今まで食べてなかったなんて
結構ショックでした・・・。

作るの簡単だからいいですよね。
さんが焼きは、「つくね」みたいになって
ご飯に合いますよ!

----------------------------------------------------------
Posted by モアナ at 2007年09月24日 15:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。