2009年01月11日

遅ればせながらの初釣り!

ホニアラです。

大変遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

ちょっ〜と更新の機会が少なくなっちゃって、
息絶え絶えのブログになってきちゃいましたが、
とりあえず生きてます・・・・

ノンビリやっていきますので、よろしくお願いします!!


さて、バックデートでの報告です。

今日になって、ようやく初釣りに行けた。
いつもの横浜です。

次の予定があったので、
とりあえず、1匹釣れたら帰ろうと思っていたんだけど、
世の中、そんなに甘くない!!
9時まで粘っても、お魚から反応は全くなし!!!

初釣りで、ボウズを喰らっちゃいました・・・

こんな初釣りじゃ、今年は、いったいどうなるか心配だよ。

posted by モアナ at 21:52| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

リベンジならず?

ホニアラです。

またも、平塚の浅八丸さんのライトルアー船に行ってきた。

当日の朝、電話を入れてみると、出船するってことなので、急いで平塚へ。

平塚に着いたときには雨もあがってたし、
台風が近づいているのに、風もないし波も穏やか。

予定通り8時出船。
お客は、うちらを含めて8人くらいと少なめ。
釣り座は、右舷のトモでした。

まずは、河口近くのポイント。
鳥山だ!
F10DSCF4213.jpg

が反応なし・・・
次に江ノ島の西へ。
ここで、どうにかサバを数匹ゲット。

だが、前回同様、反応が著しく悪い・・・
このあと、今日は江ノ島の東側の葉山沖まで足を伸ばす。
この辺りは、最近イナダの反応がでているようで、
たくさんの釣り船がやってきている。

だけど、そう簡単にはいかない。
魚探には反応が出ているようだけど、
誰もサバすらヒットさせられない、時間だけが過ぎていく・・・
船中は、暗〜い空気に。
ポイント移動の間、周りの船で何匹もヒットしているのを目の当たりにしているので、
単に、うちらがヘタなだけなのかもしれない・・・・

だけど、何箇所目かのポイントで、
指示ダナにルアーを落とし込んで、巻き上げ、ジャークを一発かました直後、
ゴツンという強烈なアタリ。
やっとこさ、イナダをヒットさせることができたよ。
慎重にファイトし、最後はぶち抜こうと思ったんだけど、船長さんがタモですくってくれた。
45cmのプリプリのイナダでした。

続いて、2匹目を狙い、同じようにジャークを繰り返して水面まであと10mくらいのところまで来たところで
またも強烈なアタリ!
さっきのイナダよりも、ヒキも強烈。
もしかして、ワラサ!?
期待が膨らませ、ファイト!

だけど、近寄ってくるのは、なんか黄色に魚体。
よく見ると、シイラ・・・
ファイトは、強烈だったけど、シイラ特有のジャンプもなかったし、
こっちは、ワラサだと思っていたから、なんか拍子抜け。
嬉しいんだけど、な〜んかガッカリ・・・・

このシイラを釣り上げてからは、全く反応がなくなり、
ちょこちょこと移動を繰り返し。
あまり、良い反応に巡り合わないので、ちょっと時間をサービスしてくれて粘ったけど、
サバを何匹か追加できただけだった。

結局、今日の釣果は、
オレが、イナダ:1、シイラ:1、ソーダカツオ:1、サバ:3
モアナは、サバ:3のみ・・・

F10DSCF4228.jpg

前回のリベンジができたかというと、とても微妙・・・・
まぁ、イナダの顔が見れたのでよかったよ。


で、今日は、先日、手に入れたジギング用のベイトタックルのデビューだったんだけど、
スピニングに比べてハンドルの短いベイトでの、超高速リトリーブや
ジャカジャカ巻きは、さすがに慣れるまで、非常にやりずらかった。
だけど、グリップが長く脇に挟めるので、とても楽チンだったね。

それとバックラッシュが怖かったので、ブレーキをキツメにしていたので
ジグの落ちていくスピードが思いのほか、遅いような気がした。
ラインがPE2号と太めだったこともあるのかな?

ライトルアーといえども、シャクリ続けるジギングは、
シーバスロッドでやるよりも、ちゃんとしたジギング用のタックルのほうが、楽チンだね。

家に帰って、イナダは、お刺身となめろうにしていただきました。
F10DSCF4240.jpg
めちゃめちゃ、ウマかった!
posted by モアナ at 19:57| ☔| Comment(4) | TrackBack(1) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

どぶ浸け

ホニアラです。

以前、湾ベイトにアワビシートで自作チューンをしてたんだけど、
近くの釣具屋には、どぶ浸けようのウレタンコート剤がなくて、
コーティングできずにいたんだ。
先日、ふらっと寄った都内の釣具屋で、ウレタンコート剤を発見。
1500円くらいと高かったけど、購入。
DSCF2888.jpg
これで、コーティングできる!

この週末に、
自作チューンの湾ベイトだけでなく、手持ちの湾ベイト、
レンジバイブ、それとジグをどんどんどぶ浸け。
DSC_3362.jpg

浸けるのはいいけど、どうやって乾かそうか悩んだけど、
メタルラックを使えばいいって気づき、問題解決。
DSC_3371.jpg

こんだけルアー浸けたけど、ウレタンコート剤が
半分以上、余りそうなんだけど、何に使えばいいんだ??

とりあえず、モアナの携帯ストラップの「まりもっこり」を浸けてみた。
DSC_3374.jpg


posted by モアナ at 20:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

惨敗・・・

ホニアラです。

浅八丸さんで、ライトルアー船に乗ってきました。

ちょうど1ヶ月前は大爆釣だったけど、
最近の釣果情報から、前回のような爆釣は期待できないけどね。

今日は午後船なので、朝、ゆっくりできるのはいいんだけど、
行きの高速は大渋滞、行くまでに疲れたよ・・・・

渋滞を考慮して出発したので、早めに到着。
今日は、4隻での出船みたいなので、18号船の左舷のトモとその隣をゲットできました。
4隻の船団を組んでポイントに行くまでの光景は、なかなかカッコよかった。
F10DSCF4188.JPG

しばらく走るも、鳥の気配がまったくない。
魚探で反応がでているところを探しながらの釣り。
2〜3投して、だれもヒットしていないようなら、次のポイントへ移動。
これを繰り返しているうちに、あっという間に1時間が経過、
「もしかして、今日はボウズ???」ってことが頭をよぎった・・・

江ノ島の東のポイントまで来たとき、小さなナブラがあって、ようやく本日の初ヒット。
バラしたら元も子もないので、慎重ランディング。
これでボウズは避けられた。
よし次だ!って思ったら、なんと「竿あげて!」ってアナウンスが・・・・
オイオイ、これからじゃないのか????

「反応悪いから、これから西に行くよ」だってさ!

30分くらいかけて、大磯付近まで大移動。

この付近には、小さなナブラがたくさんあって、期待を抱かせる。
だけど、ぜんぜん口を使ってくれない・・・・
いろいろルアーをチェンジしたり、アクションを変えてみても、バイトすらない。
サバ2匹を追加するのがやっと。
モアナは、どうにか1匹釣り上げ、ボウズは避けられた。
ここで遭遇したナブラの何箇所かは、サバじゃなくてメジらしく、
攻略するにはコツがいるらしい。

予想していた通り大爆発もないまま、3時間が経過。

オレが3匹、モアナが1匹と惨敗・・・

船中では、ボウズが多数いたので、、
釣れただけでもラッキーと思わないといけないのかもね。

あぁ〜、リベンジしたい〜!!
posted by モアナ at 22:44| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

ライトルアー船に挑戦!

ホニアラです。

手持ちのシーバスロッドでサバやワカシを狙うことのできるライトルアー船に乗ってきました。
利用させてもらったのは、ライトルアーのパイオニア平塚の浅八丸さんです。

早めに着いて、いいところを確保しようと思ったけど、
朝6時前だというのに、すでに高速が渋滞・・・・
結局、到着が出船1時間前の7時となってしまった。
F10DSCF4024.jpg

おかげで確保できたのは右舷のトモから3番目、4番目。
2人分の料金7000円と氷代を支払い、さっさと準備を整え船に乗り込みます!
F10DSCF4032.jpg
 船は、新港のほうみたいで、
 そこまでは軽トラの荷台に乗って移動

予定通り、8時出船。
今日は、人数が多いみたいで2隻で出船。
どちらの船も、ほぼ満席の30人くらいが乗り込んでいた。
隣との間隔は1mちょっと、こりゃオマツリは覚悟しないといけないと思ったよ。
F10DSCF4039.jpg
 先に出航したもう1隻

ライトルアー船はタックルに縛りがないので、
バリバリのジギングロッド、シイラロッドとかを持ち込んでいる人や
うちらみたいにシーバスやバスのロッドの人、人それぞれでした。
F10DSCF4042.jpg

港を出港し、江ノ島の西沖に向かって船を走らせる。
そこまで向かうまで、南西の風の風上になる右舷側は、波しぶきでずぶ濡れ。
一応、大トモに避難していたけど、それでもビチョビチョになってしまった。
おかげで、カメラを出せなくなったので、釣りの写真が撮るれなくなった(哀)

江ノ島が近くなるにつれて、周りは鳥だらけ、あちらこちらに鳥山が!
F10DSCF4049.jpg
 

スピードが緩み。船長から「はいどうぞ、トップでもいいよ」の声が!
さて記念すべき第1投!
20mくらいキャストし着水後、すぐにヒット。
1投目から、早速サバをゲット。
モアナも、チョロっとキャストしただけだったけど、いきなりのヒット。
ほぼ1キャスト1ヒットの爆釣モード。
船上はお祭り騒ぎ。
初心者も多く、魚をコントロールできずに、オマツリも大発生。
それを解くのに、若い中乗りさんは、てんやわんやでした。

どんなジグでもよくて、ちょこっとアクションを加えれば、簡単にヒットさせられる状態。
ただし、フックはバーブレス、それなりのバラシもあったね。

しばらくして、反応が無くなると、次の鳥山目指して進む。
これからは、その繰り返し。

移動直後は、飽きるくらいの爆釣。
ただし、サバばかり・・・・
モアナも、順調に釣果を伸ばしていた。
途中、ドラグが鳴きまくる大物をヒットさせたけど、
オマツリさせて、あえなくバラシ。
サバのタナより深めでヒットさせたみたいなのでイナダかメジだったのかなぁ??

オレは、あまりにも釣れすぎてつまらなくなってきたので、
持ってきたレンジバイブや湾ベイトで遊ぶことにした。
魚影が濃いので、何を投げても釣れちゃうんだよね。
途中、モアナがライントラブルを起こし、その度に、その対応でしばらくお休み。
まぁ、いい休憩(笑)

シイラが現れるのを楽しみに待っていたんだけど、あまり現れず食わすチャンスが少なかったのが残念だったね。
1回だけ、ルアーを追いかけてきて、あと少しってところで、プイってされちゃた。
結局、船中でも3本くらいしか上がらなかったみたいだった。サイズは、ペンペンサイズ。

時間が経つのを忘れるくらいの大爆釣が続き、あっという間に3時間が経ち、予定通りに沖上がりになりました。
初のオフショア、オレも、モアナも大爆釣で、大満足!!

釣ったサカナの半分以上をクーラーボックスに入れたけど、
その場では、いったい何匹釣ったのか全く分からない。
下船するときに、クーラーボックスが重くて持ち上がらないくらいだった。
F10DSCF4059.jpg
 いったい何匹だ???
 ようやくクーラーボックスが
 役立ちました(笑)

船から上がり、浅八丸さんオリジナルの特別サービス。
釣ったサカナを3枚おろしにしてくれるんです。
船宿のおばちゃん達が手際よく捌いてくれます。
クッキングショーみたいで、見ていて楽しめます。
F10DSCF4063.jpg F10DSCF4064.jpg

うちらが釣り上げた分は、40匹以上はいたみたいです。
ということは、リリース分を含めると二人で60匹以上は釣り上げたことになる。
ヒットは、それ以上!!
めちゃめちゃ楽しめたけど、これから毎食、サバ料理を食べることになりそうだ・・・・
釣りすぎるのも困ったもんだね。

おばちゃんたちは、40匹近くの魚の処理も、10分もかからず終了。
はやっ!!!
捌いたフィレをビニール袋に包み大量の氷と共にクーラーボックスへ。
F10DSCF4066.jpg

たった3時間だったけど、めちゃめちゃ楽しかった。
ぜひ、また乗ってみたいね。
次は、サバ以外のサカナを釣り上げた〜い!!!


で、ライトルアー船で気づいたこと

・ロッドは、6.6ftでも長い!
 ボートシーバス用のロッドを使用したが、
 6.6ftでも長すぎてアンダーキャストしずらかった。
 ミヨシなら問題なかった??

・やっぱりグリップエンドの長いジギングロッドのほうが楽。
 シーバスロッドで、ジャークを繰り返すのはつらい・・・
 グリップを脇に挟めたほうが、疲れないね。

・ロッドは2本あると便利かな?!
 いちいちルアーを交換している時間がもったいない。
 混んでいるとロッドをキープする場所が船首のほうにしかなかったので、
 トモ付近だと、取りに行きにくいので、単なる予備としてしか使えない。

・少し重め(40g以上)のジグのほうがベターかも!
 素早く指示されたタナに落とせるし、キャスティングでもぶっ飛ばせる。
 ただし、隣が軽いジグを使っているときにはオマツリに注意だね。

・指示ダナが分かるように、色つきラインがいい
 今日は、反応がいいときは、どのレンジでも食ってきたけど、
 反応が悪くなるにつれて、ちゃんと指示タナまで落としたほうがバイトが多かった。
 モアナ用のリールは10m毎にマーキングされているPEラインに巻き替えた。
 オレは、いまのシーバス用PEに10m毎にマッキーで印をつけて対応した。

・ジグは数種類だけでも問題なし!?(それは、今日だけか?!)
 モアナは、一度も交換しないで、最初から最後まで
 ダイワのスピードジグ(赤金40g)しか使っていない。
 それでも、数を伸ばせた。
 途中、ライントラブルの間は、オレのロッドでやっていたが・・・
 オレは、頻繁に変えてみたが、どれも好反応だった。
 その中でも、一番の好反応は、黒系のナチュラルカラーと赤金系だった。

・メインフックはシングルに、もしくはアシストのみがいい!
 今回は、メイン(トレブル)+アシスト(シングル)仕様だったけど、
 ほとんどメインフックのトレブルにヒットしていた。
 その上、2本以上のフックにフッキングしていることが多く
 フックを外すのに異常に手間取ってしまった。
 爆っているときは、アシストのみのほうが手返しがいい。
 逆に、渋めのときは、メイン(トレブル)をつけておくのがいいのかな?!

・シイラは運!
 基本的にサバ狙いなので、シイラと出会えるかは運次第。

・サカナを掴むためのタオルは必須!
 ヌルヌルしたサバは、素手やグローブでは、掴みにくい。
 でも、タオルを使えば、しっかりホールドできる。

・暑くてもグローブはしておいたほうがいい
 サバのヒレの骨とかはするどく、ある意味凶器。
 暑いので、最初のうちグローブをしていなかったため、
 サカナを掴むときに、暴れられて何箇所も切り傷を負ってしまった。

・タックルバックは、しっかり防水されたもののほうがいい!
 ちゃんと防水されたものでなかったので、バックの中が水浸し。
 カメラとかは濡れないようにしていたので水をかぶることはなかったけど。
 
・血抜きはいらない
 取り込んだサカナは、船長さんのアドバイスは、
 血抜きをするより、超冷水で速攻で氷絞めしろだった。
 血抜きしなくて大丈夫か?って思ったけど、
 おろしてくれた身は臭みもなく問題なし。
 血抜きをする手間もなくて、楽チンです。
 クーラーボックスに大量の氷でキンキン冷えた海水を作ろう!
 氷は、自宅で作るより船宿さんで用意している氷のほうが
 融けにくいよううな気がする。
 船宿さんからは、クーラーの容積の半分くらいは、氷をいれたほうがいいだって。

・初心者も多く、オマツリは必至、いちいちイライラしないこと!
 まっ、これは仕方ないよね。

 これらを教訓として、次回に備えたいです。
posted by モアナ at 22:04| ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

久々に横浜へ!

ホニアラです。

最近、管理釣り場ばかりで、海に行ってない。
最後に行ったのは、5月半ば!
ということは、2ヵ月半も行ってない・・・・

そろそろ海に行こうってことで、いつもの横浜に行ってきた。
まぁ、シーバスの状況は回復していないみたいなので、シーバスは期待せず、
アジ狙いで行ってきた。

いつもどおりの到着。
やっぱり海は、気持ちがいいねぇ!

アジ狙いだけど、せっかく来たので、サビキの準備を終えた後、少しだけシーバスをやらせてもらった。

先っぽ付近には、2名。
よく見かけるオジサンがいたので、状況を聞いてみると、芳しくないみたい。
まぁ、そんなことは予想していたので気にもせず、第1投。
久々のフルキャストは、めちゃ気持ちがいい!
トラウトロッドで軽量スプーンをキャストするのとは大違い。

で、レンジバイブを表層早巻き。

が、な〜んもなし。

続いて、ちょっと沈めて、早巻き!
すると、ガツンってきた。
40cmくらいのレギュラーサイズだったけど、元気がいい。

忘れかけていたシーバスとのファイトを堪能し、さて取り込みだというところで、あえなくバラシ・・・・
あまりにも久々だったので、自分がバラシ病を病んでいたのを忘れていたよ。
もう少し慎重にならないと!

バラシたとはいえ、今日はシーバスのお顔を拝見できるとは思っていなかったので、十分満足。

気分もよく続けてキャスト。
なんと2連荘でヒット!
今度は、さっきより強烈な引き。
慎重にファイトして、引き寄せると、
しっかりとフッキングしているのが見えたので、少し安心しながら取り込み。
久々のシーバスは、なんと62cmのスズキ君でした。
F10DSCF3903.JPG
 レンジバイブ(JP)


サビキをやっているモアナのほうを見ると、竿がものすごく絞り込まれている。
なんか釣れたのかな?!って、急いで駆けつけてみると、
やってくれました、お得意のボラちゃん。
それも60cm以上もありそうな大物。
さすがボラ釣師モアナ!

ボラ騒動を片付け、まだ7時前なので、もう少しシーバスをやらしてもらう。

同じ攻めかたしても反応がないでの、カラーチェンジ。
その直後に、ヒット!
今度も、60cmのスズキ君。
F10DSCF3905.JPG
 レンジバイブ(赤金)

2ヶ月半ぶりなのに、短時間で2匹もゲットできたなんて、めちゃめちゃ嬉しかった。
7時を過ぎると、混んできたので、このあと数投して終了。
めちゃめちゃ満足できたよ。
これで、あとはアジが釣れれば大満足なんだけど、そのアジは・・・・

海面を見たとき、潮がかなり濁っていたのが気がかりだったんだけど、
その予感が的中したのか、アジというか、イワシ・サッパもたまにしか釣れない。
大きく竿が絞り込まれることがあるんだけど、それは、あいつの仕業・・・・
そう、ボラちゃん。
午前中は、イワシ・サッパ少々、ボラ3匹。

午後も、午前中と同じ・・・・
ただひたすら、アジが来るのを待つだけ。
あまりにも暇なので、片付けたシーバスタックルをセッティングして、ワームプレイで遊ぶことに。
ガツガツとバイトが出るけど、ぜんぜん乗らない・・・
すぐに見切られちゃうので、こまめにカラーチェンジ。
何度かフッキングさせたけど、それも途中でバラシ・・・・
結局、取り込みはゼロ。
釣れなかったけど、暇つぶし以上に楽しめたよ。

こんな遊びをやっている間も、アジは来ない。
夕方まで待てば釣れそうな気がするけど、
今日は、そんな気力はないので、早めに終了。

今日は、イワシ・サッパ:10数匹。ボラ:3。
朝いちのシーバスは、3ヒット、2ゲット、1バラシ。
ワームプレイでは、バイト多数:4ヒット、4バラシ。

シーバス以外の釣果は、イマイチだったけど、
やっぱり、海はいいねぇ!!
posted by モアナ at 21:20| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

クーラーBOXと1等賞!

ホニアラです。

開成FSから、ドナルドソンのお持ち帰りをしていたけど、
手持ちのクーラーボックスが小さかったことで、ちょっと苦労したんだよね。
50cm程度のドナちゃんでも、
頭を落とし、さらに魚体をひん曲げないとクーラーに入れられなかったんだ。

「これは、どうにかしたいなぁ」って、オレもモアナも思っていて、
「んじゃ、大き目のクーラーボックスを買うか!」ってことになった。

まずは、ネットでどんなものがあるかの調査。
クーラーボックス内の寸法で、長さ50cmくらいって条件だと
ダイワ、シマノのワイド型の30Lクラスになる。
保冷力はランクごとに数千円づつ値段が違った。

とりあえず、実物を釣具屋に見に行ってきた。
あったのはダイワのやつだけだったけど、
内寸が50cmとなると、外寸もかなり大きくなるので、かなりデカイ。
でも、許容範囲かなっ?!

ネットで購入するつもりだったけど、
ちょうどセールをやっていて、クーラーボックスが10%OFF。
さらに金券が貰える抽選ができるので、ここで購入することに。

サイズ、保冷力、それと価格の条件から、
ダイワの「ライトトランクII SU 3000RJ」を購入。
F10DSCF3873.JPG

F10DSCF3865.JPG
携帯電話が小さく見えるほど、デカイクーラーBOXです。

価格は、10%OFFがのおかげで、2万円ちょっと。
ちょっと高いって思うかもしれないけど、
クーラーは、めったに買い換えるものじゃないし、
できるだけ保冷力が良いものが欲しかったので、これに落ち着きました。

早く、これを大物だらけでイッパイにしてみたい!!



さて、購入金額が2万円を超えたので、もらった抽選券は3枚。
オレが2回で、モアナが1回、クジを引くことに。

で、オレの引いた1つ目。
最近、あまりついてないので、末等だろうと思っていたら、

なっ、なんと1等!!!


これには、ビックリ!
カンカンカンと鐘が鳴らされる。

1等の賞品は、10000円分の金券。
以前、5000円分の金券を当てたことに続いての高額当選。
う〜ん、これならクーラー買う前に引き当てたかった(笑)
(買わなきゃ抽選できないから、それは無理か・・・)

あとの2回は、3等だった。
というわけで、2万ちょっとのクーラーを買って、金券を11000円分ゲットです。
なんてラッキーなんだろう。

金券の有効期限は、8月末まで、さて何を買おうかな!?
posted by モアナ at 22:38| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

ドナルドソン

ホニアラです。

先週、ドナルドソンとトラウトサーモンの違いを調べたついでに
トラウトサーモンについて調べてみると
なんと1匹(2Kg〜3Kg)の価格が、3〜4000円くらいってことがわかった。
ってことは、ドナルドソンも同じ程度の価格ってことになる。

前回の釣行では、1匹しかゲットできなかったけど、
ドナちゃんを何匹もゲットできれば、
2人分のライセンス料を払っても、超〜お得ってことが判明!

この情報を見て、
金に目が眩んだ、うちらは今週末も開成に足が向かってしまった・・・

まずは、早いうちに1匹だけでも釣上げちゃおうってことで、
先週、ドナちゃんをゲットしたポイントへ。
でも、今日は、反応が異常に悪い。
朝いちだっていうのに、フライの人までも、ほとんど釣れていない。
サカナは見えていて、ルアーに興味があるみたいだけど、ぜんぜん口を使ってくれないんだよね。

先週のアタリルアーや、有効だった攻め方をしても、たま〜に小さいニジちゃんが釣れるだけ。

どうしていいのか、さっぱりわからなくなり、途方に暮れてたよ。
しばらくは、沈黙状態・・・・

やっぱり欲を出すと、いいことないんだなぁって、二人とも反省。

そんな激シブの中、しばらくすると
少し離れたお隣のルアーマンが、ポツポツと大きいのを掛けているのに気づく。
どんなルアーか気になって、様子を伺っていると、スティックルアーだった。
それを見たモアナは、スティックを使い始めたけど、さすがに上手くいくわけがない。
小さいのでさえ、なかなかヒットさせられない。
しばらくして、どうにか1匹ヒットさせることに成功。
40cmくらいのスチールヘッドだった。
今日の状況から考えると、キープしておいたほうがいいなかって思い、迷わずキープ。

ようやく1匹ヒットできたけど、お隣の人とあまりにも差のある状況にイライラしてきたみたいで、
オレがスティックを使いたくないってのを知っているのに、オレにスティックを使えと言ってきた。
「お隣みたいに、スティック使って、早くドナちゃんを釣上げて!」だって・・・
できれば使いたくない、でも釣らなきゃいけない・・・
心の中で葛藤したけど、家計のために、ここは信念を曲げて、スティックを使うことにした。

気分はのらいなが、スティックを投げる。
数投目、早速ヒット。
だけど、狙いのドナちゃんじゃなくて、ニジちゃんでした。
スティックを使えば 今までの激シブが嘘のようにアタリがある。
モアナが、なんで釣れないのかわからないくらい。
小さいニジちゃんを何匹か釣上げ、
その後、ルアーが着水しリトリーブ直後に、いきなりのアタリ。
アワセると、ズシッってくる。
おっ、これは大物!!
ようやく、ドナちゃんがヒットしてくれた。
慎重にランディング。
F10DSCF3823.JPG

ようやく肩の荷がおりて、ほっとしたよ。

でも、今日の目標は最低2匹!
次を目指して、このままスティック使用!

すぐに、ドナちゃんがヒット。
1匹目より大きい。
だけど、あっけなくバラシ。
ラインブレイクじゃなかったので、
掛かりが浅かったのかなって思ったけど、
回収したルアーを見ると、なんとフックが伸ばされていた。
残念・・・・

でも、すぐに、さっきと同じようにルアー着水直後にアタリ。
今度も、ドナちゃんだった。
これは、なんなくタモ入れできた。
これで、2匹目。とりあえずの目標は達成。

ここで、気づいたことが
これまで、釣ったドナルドソンを含め大物は、ルアー着水直後にヒットしている。
普通に巻いているときには、大きいのが釣れたことがないような気がするんだよね。
もしかして、大物を仕留めるのに必殺パターンがあるのかも・・・・

ランチの前に、キープした3匹を捌いておいた。
F10DSCF3824.JPG

今日のランチは、近くのスーパーまで行き弁当を調達。

午後は、持ち帰りの呪縛が解けたので、スプーンを使える(笑)
1stポンドに移ったけど、渋いのは相変わらずで、二人とも小さいのを数匹追加できただけ。
午前中に入った場所があいたので、そこにい移動。
だけど、何も状況は変わらず、たま〜に、小さいニジちゃんがヒットするだけ。

大物の感触を忘れたころ、ルアー着水直後にアタリが!!
これは、もしや??って思ったら、やっぱりドナちゃんだった!!!
今日1番の大物。
当然、キープです(笑)

この後、しばらくやって、再度、ルアー着水直後に大物がヒットしたけど、残念ながらバラシ・・・
代わりに、ニジちゃんを何匹がキャッチして終了です。

今日は、7:00〜13:30で
オレが、14匹
モアナが6匹
先週と変わらないけど、けっこうシブかったので、まあまあかな?!

でも、今日はスティック様々でした。
これまでスティックは、使わないようにしていたけど、
激シブの中で釣果を伸ばすためには、使ってもいいかもなんて、思ったりもしちゃった(笑)

結局4匹もお持ち帰りしたので、今週もサーモンづくしの食卓です。
posted by モアナ at 21:47| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

管釣り釣行(開成フォレストスプリング)

ホニアラです。

久々の釣行です。
海での釣果も未だにイマイチみたいなので、今回も管釣りに行ってきました。

行ったのは、開成フォレストスプリングです。
DSCF3662.JPG

電車の騒音のこともあって、ちょっと迷ったけど、
近場にしようということになり、開成になりました。
高速が渋滞してなければ、短時間で行けるからね。

それと、ネットでいろいろ調べていると、
開成FSのサカナは、美味しいらしい、
とくにドナルドソンの刺身は絶品ってことみたいなので、
ぜひ食べてみたいって思ったんだ。(笑)
あと前回のリベンジしたいって気持ちもあったしね。

オープン直前に到着。
7時オープンってのは、ノンビリ支度してから行けるから、うれしいね。

受付前の行列は、前回と同じくらいでした。

まずは1stポンドで!
前回スタッフから聞いたアドバイスを元に、
ルアーを少し買い足しておいたので、それを使って開始。
数投目に、さっそくヒット。
35cmくらいのレインボーでした。

幸先、いいんじゃない!?って思ったりしちゃった。
アドバイス通りの釣りをして、この後、ヒット、バラシを繰り返す。
人の助言は、素直に聞けってことだね。(笑)

バラシも多かったので、
2時間で、6匹しかキャッチできなかったけど、
前回とは、全く違う状況に、電車や踏切の警報音も気にならなくなっていたよ。
モアナも、数は伸びなかったけど、それなりに反応があって楽しんでいた。
途中、大きめのレインボーをスレ掛かりさせて、
強烈な引きにもがきながら、必死に格闘していたよ。
無事取り込んだ後は、しばらくキャストもできないくらいに、
腕がパンパンになっていた(笑)

でもね、なかなか今日の狙いのサカナのドナちゃんが、
全くヒットしてくれなかったので、悶々としていたよ。
しばらくして、ようやくモアナに、大物がヒット!!
ドナちゃんか?って思ったけど、姿を見る前にラインブレイクでバラシ・・・
続いて、俺にもヒット!、
ドナちゃんだ!!
でも、悲しいかな、お顔を拝見した直後、思い切り走られラインブレイク。
う〜ん、うまくいかないなぁ〜・・・

この後、昼までは、シブシブモード。
周り人たちも、全滅。
電車の騒音だけが響き渡る、静寂に包まれちゃった。
対岸の遠くで鳴るドラグ音が聞こえてしまうくらいの静かさ・・・・。
お昼までに、やっとこさ3匹だけ追加できただけだった。
あまりににも反応がないので、早めの昼食。

昼食は、ロッジのレストランで、
マス丼、ジャンバラヤ、フィッシュディッパーをオーダー。
F10DSCF3797.jpg

 マス丼!
 タレが効いて美味しい。

F10DSCF3798.jpg

  ジャンバラヤ
 

F10DSCF3794.jpg

 フィッシュディッパー
 

食事で、英気を養い。
ポイントを3rdポンドに移し、午後の部、開始。

開始直後、相変わらずイマイチだったので、
夕方まで、こんな感じなのかなって、あきらめモードだったけど、
少し時間が経つと、なぜか反応がでてきた。
だけど、ヒットするのは、ほとんどがレインボー
そんな中、キレイなブラウンもヒットしてくれたのは嬉しかった。
F10DSCF3802.jpg

でも、お目当てのドナちゃんは、なかなか来ない・・・

昼を過ぎて、真夏のような暑さで、集中力も切れてきた。
でも、ドナちゃんを釣るまで帰れない・・・
「早く、ドナちゃん来てくれ〜」って思いながら、続けていた。
そんなオレとモアナの頑張りを神様も見てくれていたのか、
ようやくオレにドナちゃんがヒット!

絶対にバラせないと思い、
少しドラグを緩めににしてラインブレイクを気をつけながら、
慎重にファイト。
あまりにも長時間ファイトしていたので、
お隣の若者が、超大物と勘違いしたのか、
タモ入れを手伝ってくれたよ。ありがとね!
本日のお目当て、ドナルドソン!
F10DSCF3805.jpg

50cmくらいだったけど、めちゃ嬉しかったよ。

この後、2匹目を目指し、少しだけ続けたけど、ゲットならずでした。
2時になって、暑さに耐えられなくなったし、
本日の目的も達成できていたので、早めに終了。

今日は、7:00〜14:00で、
オレは、14匹
モアナは、7匹

釣果は少ないけど、アタリも頻繁にあったし、
バラシもたくさんあったので、前回とは比較にならないほど、
楽しむことができたよ。

家に帰って、早速、ドナちゃんを捌く。
サーモンと同じキレイなオレンジ色の身。
DSCF2844.jpg

まずは、お刺身。
DSCF2851.jpg

めちゃめちゃ旨い!
トロサーモンと変わらないくらいの旨さ。

ハラスを塩焼きにしてみたけど、これも絶品。
鮭のハラスと全く変わらない旨さ!
DSCF2848.jpg

美味しすぎだよ。

なんで、こんなに旨いのか、不思議に思えて、ちょっと調べてみたけど、
よくスーパーとかで売っているトラウトサーモンって、
ドナちゃんとスチールヘッドを掛け合わせたのもを海面養殖したものらしい。
なるほど、ドナちゃんが、旨いのも納得です。


これで、次回の管釣り釣行も、開成に行くことになりそうだ(笑)
posted by モアナ at 21:10| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

管釣りダブルヘッダー 後半戦!

ホニアラです。

ダブルヘッダーの後半戦になります。

早めに切り上げたのはいいけど、まだ昼過ぎなので帰るにはもったいない。
それなら、今日、行くか迷った静岡の裾野にある「すそのフィッシングパーク」の様子を見に行ってみようということになった。
ここからなら1時間もかからずに行けるし、
いづれ「すそのFP」にも行ってみようと思っているので、そのときのために事前調査をしておこうってね。
今日みたいに、初めての場所で散々な思いをしたくないしさ。

予定通り、1時間もかからず到着。
F10DSCF3713.jpg

駐車場にある大水槽のなかには、ばかでかいサカナが気持ちよさそうに泳いでいる。
F10DSCF3693.jpg
 このサイズのサカナを
 放流しているみたいです。

昼過ぎってこともあるせいか、あまり混んではいなかった。
上池と下池があって
上池はクリアで、でかい奴らが悠々と泳いでいるのが見える。
ルアーでも、開成よりは、釣れている感じだった。
さらに、釣れているのは、水槽で見たデカイ奴ばかり。
こんなの釣ってみたい衝動にかられてしまった・・・・
でも釣りしたいなんて言えないよなって思っていたら、
モアナが、ちょっとだけやってみたらって、言ってくれたんだよ。
めちゃめちゃ嬉しかった。
とりあえず2時間だけやってみることに。

見ているときに、他の人たちがどんなルアーを使っているのかチェックしていたけど、
みんなバラバラで、あまり参考にならない。
でも、それって、どんなルアーでもいいのかもって前向きに考えて釣り開始。
水がクリアなので、サカナ達の反応が良くわかる。
デカイのが、ルアーを追いかけてくれるんだけど、最後に見切られちゃう。
それを見るたび「あぁ〜」ってタメ息。
なかなかヒットしてくれないけど、何気に楽しい。
どんなパターンが有効なのか一目瞭然なんだもん勉強にもなる。
なかなかヒットさせられずにいたけど、30分くらいたってのようやくヒット。
「フッ」って軽い感じのアタリで、バイトの瞬間も遠い場所で良く見えなかったので、最初は小さい奴と思った。
でも、アワセを入れたとたん、ドラグが鳴ってラインがドカッと引き出された。
その上、ものすごい重量感。
なかなか元気な奴で、長い時間、ファイトさせてもらったよ。
開成でモアナが釣上げた奴より、小さいサイズなんだよね。
でも、めちゃめちゃパワフルだった。
F10DSCF3699.jpg

この後、何度かアタリがあったんだけど、うまくアワセられなかったよ。
でかい奴なのに、ラインにしかアタリがでないことが多いんだよね。
難しすぎる・・・・
あっという間の1時間。

残り1時間なので、下池に移動。
下池に行く途中にあるちょっとした渓流エリアがあった。
水もクリアで、小さいサカナがうようよいる。
人もいないので、ちょっとやってみると1キャスト数バイト。
釣れすぎて、面白みにかけてしまうけど、アワセの練習にはもってこいだった。

しばらく遊んだ後、下池に。
こちらは、ちょっと濁っている。
上池に比べ、人の割には釣れていないような気がした。
上池とはパターンが違うので、1匹目をゲットするのに、ちょっと苦労したよ。

この後、同じパターンで連続ヒットだったけど、取り込めたのは1匹だけ。
でも、すぐにスレちゃって、次のパターンを見つける前にタイムアップ。
F10DSCF3711.jpg F10DSCF3712.jpg

下池には30〜40分いたけど、周りはほとんど釣れていなかったので、
2匹も釣れたのは運がよかったのかな??

結局、2時間で3匹でした。(ストリームエリアでの釣果は除いてね)
まぁ、初めてきた場所なので、オレの腕ではこんなものだろうね。

一人で楽しんでモアナには申し訳なかった。

ここ「すそのFP」もちょっと気になるところがあった。
隣に建築資材かなんかを扱う会社があるんだけど、
そこを出入りするトラックの騒音が、うるさいんだよね。
今日は土曜日だったけど、日曜日は会社が休みになるから静かになるのか???

開成は電車、すそのはトラック・・・・
静かに、のんびり釣りをできるところはないのかなぁ??
posted by モアナ at 20:56| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

管釣りダブルヘッダー 前半戦!

ホニアラです。

このところ横浜でのシーバスの釣果はイマイチ。
高騰したガソリンを使って、
せっかく行ってもノーバイトってことになると目も当てられない。
さてどうしたものかって悩んだ結果、管理釣り場にでも行こうってことになった。
モアナが、いままで行ってない場所がいいというので、
そんなに遠くないところでトイレとかの施設が、
それなりに充実しているところを探してみると
東名の大井松田IC近くの「開成フォレストスプリング」と
裾野IC近くの「すそのフィッシングパーク」の2つが候補に。
できれば近いほうがいいので「開成フォレストスプリング」に行くことに決定!
ただし、いろいろ調べてみると、ルアーだと渋そうな感じなので、あまり期待しないことにした。

7時オープンの少し前に到着。
30人くらいが並んでいた。
F10DSCF3674.jpg
 受付のロッジです。

受付手前の用水路の水がキレイだったので、ポンドの水も少しはクリアなのかなって思ったけど、
王禅寺と変わらないくらい濁っていた。

どのポイントに入るのがいいのかわからないので、
常連さんと思われる人たちが入る場所を確認しながら、場所選びをしようと思っていたけど、
1つの場所に固まることなく、あちこちに行くので、場所選びに悩んだよ。
とりあえず1stボンドの流れ出しの付近で、開始。
10分くらいしてもバイトもでない。
周りでは、フライは爆釣とはいかないけど、それなりに釣れている。
でも、ルアーでは、ポツリポツリ。
まぁ、予想していたような状況。
それより、釣れないのとは別に
そばを走る小田急線の騒音と、電車が近づくたびに鳴る踏み切りの警報音のおかげで、釣りに全く集中できないんだよね。
これにはまいったよ。
F10DSCF3665.jpg

そんな中、スティックルアーを使っていたモアナがヒットさせた。
ドラグが鳴ってラインがどんどん出ていく。
5分近くファイトして、ようやく取り込めた。
40〜50cmくらいもある。
管理釣り場といえ、久々の大物にモアナも大喜び。
F10DSCF3637.jpg

しばらくの沈黙の後、またモアナにヒット。
今度は、さっきより小さかった。
F10DSCF3640.jpg

この後、すぐに、バイトがあったけど、なんとアワセ切れ。
お気に入りのルアーをロストして、ちょっと傷心ぎみ。


しか〜し、この後、バイトもパッタリ無くなる。

2時間近くたっても、オレにはショートバイトが数回だけ、
持ってるルアーを片っ端から使ってみるけど、ぜんぜんダメ。
どうしようもない展開になってしまったけど、
周りの状況に気をとられて、途中でリトリーブを止めちゃってボトムに落ちていたルアーを
巻き上げた直後に、なんとヒット。
交通事故的だったけど、どうにかボウズの危機を脱出。
F10DSCF3643.jpg

この後、気分転換するために、ルアー専用になっている小さいポンドに移動。

人がいなくて、ほぼ貸切状態。
人がいないってことは、釣れないってことだけど・・・・・
ダメもとで、キャストしてみたら、なんと2投目で釣れちゃった。
写真はないです。
でも、続かないので、すぐに3rdポンドへ移動。

ここでもダメ。
となりのフライの人は、コンスタントに釣りあげているけど、ルアーマン達は沈黙。
たまぁ〜に、釣れている程度。
そんな中、ようやくモアナに2度目のヒット。
こいつは1匹目より、かなり大きい。
ラインブレイクしないように慎重にファイト。
何度も寄せるんだけど、あと一歩ってところでラインを出される。
サカナの息があがる前に、モアナの息があがりそうだった。
やっとのことで取り込めたのは、60cmくらいのドナルドソン。
シーバスを含め、モアナが釣上げたサカナの中で一番の大物でした。
F10DSCF3646.jpg

モアナはしばらく放心状態。


その後、見回りに来たスタッフの方と話しをしたんだけど、
うちらが、あまり持っていない種類のルアーを使ってみてくださいってことだったので、
ちょっとあきらめモードに突入。
どうにか2匹を追加できたけど、
電車の騒音も限界に達してきたので、早めに切り上げることにした。
最終的な釣果は、オレが4匹、モアナが3匹でした。

併設されたレストランで「ジャンバラヤ」をテイクアウトしてみた。
F10DSCF3660.jpg
 美味しい!

いつも思うことだけど、初めて来るところは、難しいね。
シーバスでも管理釣り場でも、同じなんだよね。

ダブルヘッダー後半戦は、その2で!



posted by モアナ at 20:50| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

東京みなと祭りにて

東京みなと祭りに行ってきました。

お祭りのイベントの一環で行われていた東京ベイカップという
東京湾を舞台にしたシーバス釣り大会の表彰式の見学です。
オレもモアナもエントリーして、先週の東京湾岸に出撃したんだけど、
見事にボウズをくらったので、表彰されるわけでもないんだけど、
参加賞をもらえるということなので、行ってきたよ。

表彰式は、ラパラの榎本さん、村田基さんや、
プライベートで来ていたロンブーの亮の絶妙なトークで進んでいく。
DSCF2785.jpg

うちらがエントリーしたショア部門の優勝者は、
3匹の合計で150cm台(159cmだったかなぁ??)という、
思ったよりも低調なサイズでの優勝。
これだったら、いつも一緒に釣りをさせてもらっているアカメさん達が
エントリーしていたら、
もしかしたら優勝できなんじゃないなかぁって思ったりしてます。

オフショア部門の優勝者は、大野ゆうきさんと村岡さんのコンビ。
DSCF2789.jpg

オープン大会なので、このコンビでの参加はありなんだけど、
他の参加者とはあきらかに腕の差がでてました。
オフショア部門は、当日の朝の釣果で決めるのですが、
この日は激シブだったみたいなのですが、
このコンビは、80本以上もあげていたようです。
すごいよね。

表彰式のあとは、ジャンケン大会。
どうにかルアーを1個ゲット。
DSCF2825.jpg

このジャンケン大会で、ひとりのおばちゃんが、
あまりにも露骨な後出しで、勝ち進んでいくんだよね。
それを見てる周りは、シラケムード。
子供たちの後出しは、まだ許せるけど、大人があれじゃねぇ。


さて、お祭りの晴海会場はというと、
模擬店がたくさん出展していた、その中でも佐世保バーガーのお店は大繁盛。
今まで見たこともない大きさのハンバーガーが、
なんと600円という格安の値段で売られているんだよね。
メガマックよりも大きい直径20cmくらいもある。
ものすごいボリューム。
DSCF2799.jpg DSCF2800.jpg

この1個を二人で食べたけど、十分すぎる量でした。

無料の水上バスも就航していたので、
晴海からお台場のほうに水上バスで行ってみた。
たまには、海の上からのレインボーブリッジを見るのも悪くないよね。
DSCF2809.jpg

参加賞のルアー
持ってない種類のものを頂いてきました。
DSCF2826.jpg

来年もまた大会があるなら、今度は1匹でも釣上げたいなっ。

posted by モアナ at 20:26| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。